imajina

ブランディングのおすすめ本の選び方|入門から応用まで悩み別でおすすめを紹介

2023/09/26(最終更新日:2023/10/22)

INDEX [非表示]

ブランディング 本

現代のビジネスにおいて、ブランディングはますます重要性を増しています。

顧客の心を掴むためには、独自性や価値を伝え共感されるようなブランド戦略が不可欠です。

そこで、ブランディングについて学びたい方にぜひ読んでいただきたいのが、ブランディングの本です。

こういった本には、ブランディングの基本から応用まで、幅広い情報が網羅されています。

ブランドの力がどのようにビジネスに影響を与えるのかは、成功したブランドの事例から学べるでしょう。

ブランディングの本を読んで、自分のビジネスに革新的なアプローチを取り入れてみてください。成功への第一歩は、今この瞬間から始めることです。

ブランディングの概要

ブランディングは、企業・製品・サービスが顧客に対して独自性や価値を提供するための戦略的なプロセスです。

その目的は、ブランドの認知を高め、顧客の信頼や選択を促すことを指します。

ブランディングの意味

ブランディングとは、企業・製品・サービスに対するイメージやアイデンティティを構築し、顧客に伝える取り組みです。

単なるロゴや名前ではなく、顧客との関係性・経験・価値観の共有を通じてブランドを形成します。

一方で、ブランドは製品やサービスの質だけでなく、感情的な結びつきや信頼感を築くための重要な要素です。

企業のアイデンティティやポジショニングを反映し、顧客にとって特別で魅力的な存在となります。

ブランディングを成功させることは、顧客に長期的な忠誠心を生み出し、競合他社との差別化を実現するための重要な手段です。

ブランディングの必要性

ブランディングは、競争の激化や顧客の選択肢の増加に対応するための効果的な武器です。

顧客は、商品やサービスだけでなく、ブランドのイメージやストーリーにも価値を見出します。

ブランドの構築が成功すると、企業は差別化された存在としての地位を築き、顧客の心をつかむことができます。

また、ブランディングは企業の信頼性や認知度の向上にも寄与し、長期的な成功の基盤を築くでしょう。

ブランディングの種類

ブランディングには様々な種類があり、それぞれに異なる目的やアプローチを持ち、特定の領域や対象に焦点を当てています。

ブランディングの種類には下記のようなものがあります。

  • インナーブランディング
  • アウターブランディング
  • 商品ブランディング
  • サービスブランディング
  • 企業ブランディング
  • BtoBブランディング
  • BtoCブランディング

上記について詳しく解説していきましょう。

インナーブランディング

インナーブランディングとは、組織内の従業員や関係者に対してブランドの価値や文化を浸透させる取り組みです。

従業員の理解と共感を促し、ブランドの価値観や目標に一体感を持たせられます。

それにより、組織全体がブランドを体現し、顧客に一貫したブランド体験を提供することが可能です。

アウターブランディング

アウターブランディングとは、外部の顧客や市場に向けてブランドのイメージや価値を構築する活動です。

ブランドのビジュアルアイデンティティやメッセージを適切に伝え、顧客に対して信頼や魅力を醸成することで、ブランドの認知度や好感度を高めます。

商品ブランディング

商品ブランディングとは、個々の商品や製品に対してブランドの価値を付与する取り組みです。

商品の独自性や特長を強調し、顧客に対して差別化や付加価値を提供することで、商品の選択と忠誠心を促します。

サービスブランディング

サービスブランディングとは、サービス業や顧客体験の提供に焦点を当てたブランディングです。

顧客への接客・サービスの品質・独自の価値提供などを通じて、サービスの差別化や顧客満足度の向上を図ります。

企業ブランディング

企業ブランディングとは、企業自体に対してブランド価値を構築する取り組みです。

企業のミッション・ビジョン・理念を明確化し、組織全体のイメージや信頼性を高めることで、企業の強みや特徴を顧客や市場に伝えます。

BtoBブランディング

BtoBブランディングとは、ビジネス間の取引において、企業が他の企業や組織に対してブランドを構築する取り組みです。

信頼性・パートナーシップの構築・専門知識・品質の提供などを通じて、他の企業に対して選ばれる価値を生み出します。

BtoCブランディング

BtoCブランディングとは、企業が消費者に対してブランドを構築する取り組みです。

消費者の心理やニーズを理解し、感情的な結びつきやブランドの魅力を伝えることで、消費者の選択と忠誠心を引き出せるでしょう。

これらのブランディングの種類は、目的や対象となるターゲットに応じて異なるアプローチや戦略を必要とします。

そのため、目的やターゲットに合わせたブランディング戦略の選択が重要です。

ブランディングのおすすめ本の選び方は?

ブランディングのおすすめ本を選ぶ際には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 初心者とプロでは読むべき本が変わってくる
  • 行いたいブランディングの種類によって選ぶ

これらのポイントを踏まえながら、自分のニーズや目標に合ったブランディングのおすすめ本を選びましょう。

初心者とプロでは読むべき本が変わってくる

ブランディング初心者とプロ・経験者では、読むべき本が異なります。

例えば、初心者におすすめのブランディング本は、基礎的な知識や概念をわかりやすく解説しているものです。

初めてブランディングに取り組む方には、ブランドの意義・重要性・基本的な戦略の考え方などをカバーした入門書が適しているでしょう。

一方で、プロや経験者の方は、より高度な内容・実践的なケーススタディ・ブランド戦略の具体的な手法などを提供しているものがおすすめです。

ブランディングの進化・ブランディング発展の支援・新たな視点の提供・トレンドの探求などの本が適しています。

行いたいブランディングの種類によって選ぶ

ブランディングの種類によってもおすすめの本は異なるでしょう。

例えば、個人ブランディングに特化した本・企業や商品のブランド戦略に焦点を当てた本・ソーシャルメディア・デジタルブランディングに関する本などがあります。

行いたいブランディングの目的や領域に合った本を選ぶことで、より具体的で役立つ情報を得られるでしょう。

ブランディングのおすすめ本を選ぶ際は、自分の経験レベル・興味領域・具体的な目標に基づいて選ぶことが重要です。

また、レビューや評価を参考にすることで、信頼性の高い本を見つけることができます。

自分のニーズに合った本を選び、ブランディングの知識やスキルを深めましょう。

ブランディングの入門書としておすすめの本

ブランディングの入門書としておすすめの本を下記に紹介します。

  • ザ・ブランド・マーケティング 「なぜみんなあのブランドが好きなのか」をロジカルする
  • Branding 本質から学ぶ付加価値の意味
  • デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

上記について詳しく解説していきましょう。

ザ・ブランド・マーケティング 「なぜみんなあのブランドが好きなのか」をロジカルする

この書籍では、スターバックスやナイキのマーケティングを担当したスコット・ベドベリ氏が「ブランディングこそマーケティングの基本」と主張しています。

彼は「ブランディング」とは何か、どのようにブランディングすれば、企業や個人が成功するのかについて詳述しています。

この本は、現代のマーケティングの基礎を理解するための一冊といえるでしょう。

本書は、次の8つの章から成り立っています。

  • ブランド構築の新時代
  • ブランドDNAの解読
  • ブランドの幅を広げる方法
  • 心と響き合うブランドの作り方
  • ブランドを汚染から守る方法
  • ブランドのリーダーシップ
  • 企業の巨大化とブランディング
  • そしてブランドの未来について

この本は、企業ブランディングに特化した株式会社イマジナ代表取締役の関野吉記氏が監修を行い、ブランドマーケティングの基礎をわかりやすく解説したものです。

ブランドの魅力・好感度の構築方法・顧客の心理・行動の理解など、ブランドを成功させるための要素がロジカルに解説されています。

Branding 本質から学ぶ付加価値の意味

この本は、ブランディングの概念とその現代ビジネスにおける重要性を理解するためのガイドで、株式会社イマジナ代表取締役の関野吉記著です。

この本では、COVID-19のパンデミック・環境問題・戦争・通貨の変動・資源とエネルギー不足・食料価格の上昇などにより、世界が大きく変わりつつあると強調しています。

これらの変化は、成功するビジネスも変えてしまうほどです。

本書は、これらの変化をナビゲートする鍵は「ブランディング」であると主張しています。

ビジネスリーダーは、ブランディングの本質を理解し、それを使って自社の価値を社会に伝える必要があると述べています。

しかし、この価値を理解し伝えるだけでは十分ではありません。

企業は「付加価値」を創出することで生き残り、社会において自社がなぜ必要なのかを、内部と外部のステークホルダーに理解させることが含まれます。

本書は以下の4つの章で構成されています。

  • 「社長が変われば会社は変わる」 – 会社のリーダーが変化と成長を推進する役割について
  • 「永続する会社のための「武器」を作る」 – 社会に貢献し、従業員を引きつける会社を作る方法
  • 「インナーブランディングで組織を強化する」 – 新時代のデジタル化と意思決定の重要性
  • 「付加価値創造の「ブランド」は何か?」 – 自社のブランドを差別化し、社会に貢献する方法について

この本は中小企業の経営者に推奨され、彼らにとって必読の書籍といえるでしょう。

ブランドの存在意義やブランディングの手法、顧客との関係性の構築方法などについて、深い洞察と具体的な事例を通じて解説しています。

デジタル時代の基礎知識『ブランディング』 「顧客体験」で差がつく時代の新しいルール

この本はブランディングの基本からブランド戦略を施策に落とし込む方法、そして顧客体験の考え方について詳しく解説しています。

ブランドとは何か、ブランド戦略とは何かといった基本的な疑問から始まり、具体的なブランド戦略の形成方法や顧客体験のデザインの重要性についても詳細に説明されている注目の1冊です。

ブランド競争力を安定させる戦略として捉え、ブランド戦略を実行に移す際の注意点や落とし穴についても触れています。

この本はブランディングの初学者や学び直したい方、またはブランド戦略を具体的に理解し、実行に移したい方にとって有用でしょう。

ブランディングをさらに深く知りたい方におすすめの本

ブランディングをさらに深く知りたい方におすすめの本を下記にまとめました。

  • 「ブランディングと成長実感 成長する企業のブランド戦略
  • 世界で勝てるブランディングカンパニー ブランド力でマネジメントを強化する日本企業の挑戦
  • ブランディングの教科書: ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる

上記について詳しく解説していきましょう。

ブランディングと成長実感 成長する企業のブランド戦略

この本は、企業ブランドを作るのは社員であるという考え方を提唱していて、著者は株式会社イマジナ代表取締役の関野吉記氏です。

大競争・大変革の時代において、いかに優秀な人材を集め・育成・戦力化していくかが企業の成長を左右すると述べています。

ブランディングの真の目的は、社員にとっても顧客にとっても魅力的な会社になることです。

あらゆるステークホルダーを魅了し、何よりも優秀な人材が集う会社こそが、これからの世界を勝ち残ると主張しています。

本書は、成長を遂げている企業がいかにブランド力を高め、社員を育成してきたかが分かるケーススタディで構成されていることが特徴です。

梅酒のリーディングカンパニー・高い企画力を誇るアパレルメーカー・価値あるモノを安心・安全に提供するECカンパニーなどの事例から、ブランディングの重要性を解き明かしています。

世界で勝てるブランディングカンパニー ブランド力でマネジメントを強化する日

この本の著者は、株式会社イマジナ代表取締役の関野吉記氏と奥山由実子氏です。

この本は、日本の人口減少と高齢化により市場が縮小している中で、企業がどのように成長を続けるかについての問題意識を指摘しています。

その答えとして企業が日本だけにこだわらず、海外に出てグローバルなブランド力を高め、世界の消費者に訴求していくことを提案しています。

具体的には、関家具・API・りらく・良品計画・イマジナ・ヤマセ村清・武蔵境自動車教習所など、中堅・中小企業のグローバルなブランド戦略を紹介しています。

これらの企業の取り組みは、多くの企業にとって参考になるでしょう。

ブランド戦略や海外展開というテーマが大企業だけのものではなく、中小企業でも取り組むべき課題であることを強調しています。

ブランディングの教科書 ブランド戦略の理論と実践がこれ一冊でわかる

この本は、外資系コンサルティングファームと広告会社で培った生の知見をふんだんに盛り込んでいます。

感覚論に陥りがちな「ブランディング」に対して「論理的な納得性と直感的な腹落ち感」の両面を追求した書籍で、羽田康祐 k_bird・佐々木・水溜の3人が著者となっています。

ブランディングの本質を理解しないまま実行に移そうとすると、的を射ない小手先の手法を繰り出すことになりがちです。

結果として予算を消化したまま、成果が出ない事態に陥ってしまいます。そのような事態を1件でも減らしたいという思いから、本書が執筆されました。

ただし、本書を読むにあたっては5つの留意点が存在します。

  • 「マーケティング領域」に絞って解説している
  • ブランディングの中でも「戦略部分」に絞って解説している
  • 本書がブログ「Mission Driven Brand」の内容を出版用に加筆・修正したものである
  • 本書で引用されている企業名・ブランド名がすべて商標あるいは登録商標である
  • そして本書の内容がすべて執筆陣の個人的な見解であって、所属する組織を代表する意見ではないこと

本書は、ブランディングの理論と実践をつなぐ「ブランディングの教科書」として、再現性と成果を目指した書籍でもあります。

インナーブランディングにおすすめの本

インナーブランディングにおすすめの2冊を紹介します。

  • Branding経営 人的投資×管理職育成×社内外広報戦略
  • 自分ゴト化 社員の行動をブランディングする

上記について詳しく解説していきましょう。

Branding経営 人的投資×管理職育成×社内外広報戦略

Branding経営の本質は、人的投資×管理職育成×社内外広報戦略の融合です。

中堅・中小企業の経営者からは、管理職の企業理念の体現・マネジメント人材の育成・社員全体のやりがい・組織の強化といった課題が挙げられています。

これらの課題は、企業としての「ブランド」が構築されていないことに起因しているでしょう。

ブランディングは経営の基本であり、徹底的に内部に浸透させる「インナーブランディング」を通じて人材を「人財」として高めていく手法です。

その成功への方程式は「人的投資×管理職育成×社内外広報戦略」の融合といえます。

これらの要素を組み合わせることで、組織全体のブランド力を向上させ、持続的な成長を実現することが可能となります。

このように、本書はブランディング経営の実践的なアプローチを詳細に解説しており、経営者や起業家にとって有益な1冊です。

自分ゴト化 社員の行動をブランディングする

この本は「自分ゴト化」について述べ、会社が「言っていること」と社員が「やっていること」が違うという状況を解消するための手法です。

社員が会社のブランドを実現する主体であることを自覚し、当事者意識を持って行動できる状態になることを「自分ゴト化」と定義しています。

この本は、社員の行動そのものをブランディングするという新しいインナーブランディングの考え方を提唱しています。これを「People Process Branding」と名付けています。

ブランドの実現に向けて、社員ひとりひとりに主体的な行動への意識と意欲を持たせ、自ら行動する状況を作り出すことが、People Process Brandingの目指すところです。

ブランディングを学び直したい経営者におすすめの本

ブランディングを学び直したい経営者におすすめの本を2冊紹介します。

  • 付加価値の法則 社長がブランディングを知れば、会社が変わる!
  • エンパワーメント人材戦略 地域に愛される企業の「社員育成と経営」

上記について詳しく解説していきましょう。

付加価値の法則 社長がブランディングを知れば、会社が変わる!

この本の著者は、株式会社イマジナ代表取締役の関野吉記氏です。新しい時代のブランド戦略「成功新方程式」について解説しています。

SNS・YouTubeの隆盛・テレワークの普及・環境やエネルギー問題への関心の高まりなど、わずか数年で日常が激変した現代社会において、企業経営を進める方程式も変わっていると指摘しています。

著者は、企業が生き残るためには社会に価値を提供するだけでなく「なぜこの社会に必要なのか」ということを社内外に常に伝え、認知されている事実が必要だと主張しています。

なぜそれが経営の武器になるのか、付加価値の意味とは何かといったことを本書が解説しているのです。本書の目次は以下の通りです。

  • Chapter1:デキる社長は、今こそ変わる
  • Chapter2:企業永続への“武器”とは?
  • Chapter3:組織強化のインナーブランディング
  • Chapter4:成長戦略としての“ブランド”とは?

著者の関野吉記氏は、株式会社イマジナの代表取締役社長です。

映像制作で身に付けたクリエイティブ手法を活かし、アウターとインナーを結びつけたブランドコンサルティングで、すでに2,700社以上の実績を持っています。

エンパワーメント人材戦略 地域に愛される企業の「社員育成と経営」

この本は、企業が人材不足を克服し、成長を遂げるための秘訣を解説しています。

特に、「エンパワーメント」の考え方を身に付けることが重要で、それが企業の成長と利益につながると述べているのです。

企業は、かつての「作って、売って、終わり」のスタイルから、「人の力を引き出し続ける」ループ構造へとシフトするべきだと提唱しています。

この考え方を「エンパワーメント人材戦略」と呼び、本書ではその考え方を伝えることが目的となっているのです。本書は以下の章立てで構成されています。

  • 人の力を引き出す「エンパワーメント人材戦略」
  • 「エンパワーメント」に必要な意識改革
  • 「人」を巻き込むための「共通言語の作り方」
  • エンパワーメントに成功した企業たち
  • さらなる未来に向けて「エンパワーメント的採用」

この本は、企業が人材をどのように活用し、組織を強化するかについての具体的な手法を提供している1冊です。

学びたい内容に合わせた本選びが重要

ブランディングにはさまざまな側面やアプローチがありますので、自分の学びたい内容や関心領域に合わせた本を選ぶことが重要です。

以下は、学びたい内容に合わせた本選びのポイントです。

  • 学びたいテーマに特化した本を選ぶ
  • 著者の専門性と実績を確認する
  • レビューや評価を参考にする
  • 実践的な事例や手法を提供する本を選ぶ
  • 自己啓発やスキル向上にも注目する

学びたい内容に合わせた本を選び、ブランディングの知識とスキルを効果的に向上させましょう。

ブランディングを独学で学ぶのは時間がかかる

ブランディングを独学で学ぶ場合、時間がかかることがあります。それらを独学で学ぶには、十分な時間と努力が必要です。

独学でも効果的に学ぶためには、以下のポイントに留意することが重要になります。

  • 基礎から始める
  • 質の高い情報源を活用する
  • 実践的なプロジェクトに取り組む
  • コミュニティやネットワークに参加する
  • 継続的な学習と自己評価

ブランディングの独学は時間と努力がかかるかもしれませんが、継続的な学習と実践を通じて、自分の知識とスキルを高めます。

また、必要に応じて専門家やコンサルタントのサポートを受けることも検討してください。

書籍を通じて基礎知識を習得し、セミナーで講師から直接学ぶことで実践的なスキルを身につけることも可能です。

両方を組み合わせることで、幅広い知識と実践力を養えるでしょう。

ブランディングセミナーの詳細はこちら

ブランディングを学ぶ方法は書籍以外にもある

ブランディングを学ぶ方法は、書籍以外にセミナー・ワークショップ・イベント・実践的なプロジェクトへの参加などがあります。

セミナーや講座は、実践的なブランディングスキルを磨くための有益な手段です。

専門家や業界のリーダーから直接学ぶことができるため、実践的なノウハウや最新のトレンドに触れられます。

他の参加者との交流やディスカッションも行われることが多く、他の専門家や業界関係者とのネットワークも築けます。

自分のスキルや知識を高めるためにも、セミナーや講座に参加してみてはいかがでしょうか。

自己学習と実践的な学びの両方を取り入れながら、ブランディングの理論や戦略を深め、自分のスキルやビジネスに活かしましょう。

企業ブランディングに特化した株式会社イマジナ代表取締役の関野吉記氏が講師を務めるブランドマーケッター育成講座は、経験豊富な知識やスキルを直接学ぶ貴重な機会です。

書籍とあわせて効率的に学びたい方におすすめです。ぜひチェックしてみてください。

ブランドマーケッター育成講座の詳細はこちら

ブランディングはプロから教わるのがおすすめ

ブランディングは複雑で多岐にわたる領域であり、戦略的な視点・専門的な知識・経験が求められます。

専門家やプロからの指導やアドバイスを受けることで、効率的に学び、自分のスキルを向上できます。

以下に、専門家やプロから学ぶことのメリットをいくつかご紹介します。

  • 専門的な知識と経験の共有
  • カスタマイズされたアドバイス
  • ネットワークとつながり
  • 効率的な学習と成長

専門家やプロからの指導は、ブランディングの知識やスキルを迅速かつ効果的に身に付けるための有力な手段です。

ブランディングについて学びたい方は

本記事ではブランディングを学ぶ際のおすすめの本を紹介しました。

先述したように書籍とあわせて専門家が主催しているセミナーへの参加も検討することで効率的に学ぶことができます。

セミナーへの参加は、あなたの成長とキャリアに大きな可能性をもたらします。

専門家から直接学び、最新のブランディング戦略やトレンドに触れることで、ブランドの力を最大限に引き出す方法を体験することが可能です。

ブランディングの著書多数の関野吉記氏が代表を務める株式会社イマジナには、ブランドマーケッター育成講座があります。

そこでは国内外2,800社以上のコンサル実績による豊富な知識やスキルを学ぶことができます。

ブランドマーケッター育成講座の詳細はこちら

 メルマガ会員募集  メルマガ会員募集

無料ブランディングセミナー

いま最も多くの経営者に読まれている本を10分で解決! いま最も多くの経営者に読まれている本を10分で解決!

閉じる