imajina

imajina news vol.3 -米国 CEO報酬が937%増加!

2014.07.22

#イマジナ・ブランディングニュース

■イマジナからのお知らせ

世界有数の企業が事業成長を続ける秘訣! 理念浸透セミナー開催!
理念浸透により事業成長を続ける成功事例を多数紹介
8月8日(金)16:30~18:00(開場16:00)
講師:奥山由実子 イマジナ代表取締役 / 国際人事コンサルタント
中堅中小企業に今求められるブランド創出力を成功事例に学ぶ

vol.3 - 米国 CEO報酬が937%増加!

2014年6月12日付Wages, Incomes and Wealth によると、日産自動車とトヨタ自動車が5月、2013年度の社長報酬を明らかにし、日産のカルロス・ゴーン社長は前年度より700万円多い9億9500万円とのニュースが発表された。
株主から「ゴーン社長の報酬は日本企業の中では高い」との声が出たが、ゴーン氏は「日産はグローバル企業であり、世界的な競合他社に比べると高くない」と説明したとのこと。
またトヨタ自動車では豊田社長の報酬は、09年度以降、初めて2億円を超え、1億円を超えた役員は7人にのぼったという。

 

一方米国でも、役員報酬は増加傾向にあるようだ。
先月12日付米国Economic Policy InstituteのWages Incomes and Wealthのレポートによると、トップ米350企業のCEOの平均報酬は1520万ドル(約15億円)となったようだ。

 

長期的な傾向を分析すると、1978年から2013年にかけ、インフレ調整を加味したうえでも、CEO報酬額は937%増、ストックマーケット成長率の2倍以上のスピードで増加、同期間中の一般従業員の報酬の成長率10.2%の成長率とは比べものにならないほどの急増率だった。1965年、CEOと一般従業員の報酬額比率が20:1だったのに対し、2013年は295.9:1にまで急増している。

 

このCEOや役員報酬の急増が、株式市場の成長率を2倍にまでに引き上げる結果を生み出し、2007年以降、収入平均額のアンバランスを生み出している。なぜならば、利益が上がり結果として株価が上がる一方で、多くの従業員の報酬(そしてその家族の収入)は減少しているからである。

 メルマガ会員募集  メルマガ会員募集

無料ブランディングセミナー