imajina

  • トップ
  • 記事
  • Hot HR vol.27-人事業務をアウトソーシングするメリットとは?

Hot HR vol.27-人事業務をアウトソーシングするメリットとは?

2013.12.18

#Hot HRメールマガジン バックナンバー

==================================================================
5分で分かる最新人事トレンド
==================================================================
IT専門調査会社のIDCの調査によると、米国においては人事アウトソーシ
ングのマーケットが年複利成長率16%で増加しており、2010年までに
$18.9 billionまで拡大すると予測されています。また、今年8月の
EquaTerra※1の調査によると、中国におけるアウトソーシング市場が急速
に進んでおり、2009年までに少なくとも25%の成長率が見込まれるという
調査結果が出ています。アウトソーシング分野にも色々ありますが、近年
では日本企業においても人事アウトソーシングの普及率が高まっています。

 

※1 ITおよびBPO(業務プロセスアウトソーシング)会社

 

◆人事アウトソーシング会社とは?◆

 

人事アウトソーシングサービスを提供する企業にも様々な種類があります。
まず、大きく分けて、人事のあらゆる業務を請け負う会社と、給与や採用
等の何らかのエリアに特化している会社があります。
人事アウトソーシング会社によって提供される主なサービスとしては
・給与計算
・福利厚生
・採用
・社員/管理職研修
などがあります。

 

人事業務の一部をアウトソーシングするだけでなく、社員情報の管理、労
使問題への対処、福利厚生業務などの人事関連の全ての業務をアウトソー
シングすることも可能です。全ての人事業務を請け負う人事アウトソーシ
ング会社はPEO(Professional Employer Organization)と呼ばれアメリ
カなどの先進国を中心に広まっています。

 

◆人事アウトソーシングを利用するメリット◆

 

米国では、人事アウトソーシングを利用しているのは社員数が25名から
1,500名の中小企業が多く、自社のコアビジネスに集中するために、人事
アウトソーシングを戦略的ツールとみなし、効率的にそのサービスを利用
しています。
人事アウトソーシングのメリットとしては
・ 専門性の高いサービスやアドバイスの享受
・ 一貫性の維持
・ 人事管理コストの削減
・ コアビジネスへの集中
・ 人材不足の解消
・ 労使関係の向上
・ 事業の再構築
・ 革新性
などが挙げられます。

 

中小企業やベンチャー企業においては、人事マネージャーやアシスタント
を雇用するよりも、人事アウトソーシングを利用し、専門家によるサービ
スを活用することは、コストおよび時間の面において、多大なメリットが
あります。
例えば、人事経験が5~10年程度の人事マネージャーの年収が700万円、人
事アシスタントの年収が400万円とすると、福利厚生等を含め年間1,500万
円程度の人件費がかかりますが、人事アウトソーシングを利用すれば、
月々十数万~ というサービスも存在するため、コスト削減を図れ、且つ
知識と経験が豊富な専門家のサービスを受けることができ、今の時代には
最適です。

 

◆日本企業における人事アウトソーシングの状況◆

 

日本においては人事アウトソーシングを利用している企業は大企業が中心
ですが、今後は規模を問わず、人事アウトソーシングが企業に広まってい
くことが予想されます。
その一方で、日本企業は全ての業務を自社で行う傾向が強くあります。

 

例えば、就業規則の改定や人事評価制度の改定などの業務を外部に委託す
ることに抵抗があるケースが多く見受けられ、さらに企業の担当者が専門
家から情報や方法を習得して自分で実施しようとすることもしばしばあり
ます。
しかし人事アウトソーシング会社に委託することにより、それらに費やす
膨大な時間が削減できるため、よりコアビジネスに集中することができま
す。専門家をいかに上手く生かすかが、今後よりキーポイントになるので
はないでしょうか。

 

◆人事アウトソーシング会社の活用方法◆

 

人事アウトソーシング会社は以下のような目的で活用することも可能です。
・ 人事情報管理システム(Human Resource Information System)の
導入/運用
・ 就業規則の作成と更新
・ 評価/報酬制度の構築/改定
・ 労使問題への取り組み
・ 組織/部門/個人における目標設定
・ 業績評価/リスクマネジメントなどに関する研修

 

厳しき状況の中で企業が生き残るためには、変化する市場に素早く対応す
る必要があります。そのためには企業はコアコンピタンス(競合他社に真
似できない核となる能力)に集中し、外部に委託できる業務をなるべくア
ウトソーシングすることが重要になります。

無料ブランディングセミナー